あなたの最後の1軒になります。デリケートな赤ちゃんや小さなお子さんを抱えるママ達にも絶大な支持!信頼でつながる本格治療院:ホリス治療院

あなたの最後の1軒になります

ホリス治療院

〒320-0072 栃木県宇都宮市若草3-16-17-105

受付時間:(休診日:月曜日)
午前9:00〜11:30/午後3:00〜7:00
※土は午後5:00まで。日・祝は午前のみ

駐車場完備・土日祝開業

028-623-6688

当院独自のフィジカルセラピー、他動的ストレッチとは

栃木県宇都宮市 鍼灸、カイロプラクティック、フィジカルセラピーの本格治療院

モーション・コントロール
(当院独自のフィジカルセラピー、他動的ストレッチ)とは

しなやかな身体つくりを目指しましょう

しなやかな身体とは、

関節が滑らかに、十分な可動範囲をもち、

力を入れた状態で硬く、力を抜いた状態では柔らかい筋肉をもっている状態です。

 

そのために最近では、様々なストレッチが提案されています。


患者さんからも、

「身体は柔らかいほうがいいんですよね。柔軟体操をしたほうがいいでしょうか?」

と聞かれます。


「はい、柔軟体操をして下さい。」

とお答えしていたのですが…

 

いきなり柔軟体操をしてぎっくり腰になったり、

翌日、寝違えを起こしたりする人が意外と多かったのです。

 

身体に自信をもっているスポーツマンタイプに多かったです(^^;


つまり、柔軟体操のイメージが、お相撲さんの又割り…なんですね。


足を開脚させながら、前屈するときに、後ろからグイグイ、力で押すあのイメージです。

 

柔らかいこと=良いこと
硬いこと=悪いこと

 

とインプットされてしまっているので、

無理にでも柔らかくしようとしてしまうのです。

実は、無理に筋肉を伸ばすとそれ自体で筋肉の繊維を傷めてしまいます。

その繰り返しによって、筋肉は硬くなります。


これって、強く揉むマッサージも同じなんですが、

硬いゴムのような筋肉になってしまいます。

 

普段は柔らかく、力を入れたときに硬い筋肉が健康的なんです。

筋肉ポンプの活性化がポイント

私たちの健康にとても大切な原理の一つが、

 

筋肉ポンプです。


心臓から押し出された血液は足の先まで流れた後、重力に逆らって心臓に返っていきます。


この血液を心臓に返すときに、重要なのが、筋肉ポンプです。


長時間の同じ姿勢、座ったまま…

とか、

立ちっぱなし…

など、あまり動かないでいると筋肉が緊張したまま(硬いまま)でいますので、

血液の循環は滞ってきます。


硬い筋肉は、筋肉内を通る静脈を硬い筋肉が外側から圧迫したままになりますので、

ますます血液の流れが悪くなり、悪循環となります。

 

血液の循環が滞ってしまえば、疲労性物質が筋肉に滞ってしまいます。


疲労性物質が発痛物質となり、肩こり腰痛のような症状で表れます。


足がむくみやすいとか冷え症もそうですよね。

 

筋肉をスポンジに例えるとイメージしやすいと思います。


水を十分に含んだスポンジは、もう水を吸い取ることはできません。

しかし、スポンジをしっかり絞れば、またたくさんの水を吸い取る事ができます。

スポンジと同じように筋肉の収縮、硬くなったり、

柔らかくなったりすることで血液の循環を促進します。

 

筋肉を大きく伸ばしたり、

縮めたりするストレッチによって、

筋肉が血液の流れをスムーズにすることができます。

 

そのことを筋肉ポンプ作用と呼びます。

 

ストレッチの第一目的は、

この筋肉ポンプ作用により、血液やリンパの流れをスムーズにすること

 

にあります。


そして、繰り返すことによって、

しなやかな筋肉を作る事

ができるのです。

他動的ストレッチとは

ストレッチ

ストレッチを自分で行うことも良いのですが、

力を抜く、リラックスすることって、

実は・・・

 

非常に難しいことなんです。


ですから、

ストレッチで身体を壊してしまう…

ということになっちゃうんですね。

 

私たちは、力を入れる教育しか受けていません。


もっと早く走れ…
もっと力をいれろ…
もっとがんばれ…

ってね。

 

力を入れるよりも力を抜くこと、

リラックスするほうが難しいことかもしれません。


その練習にストレッチをすることは非常に効果的だと思います。

しかし、自分でストレッチするには、

自分で関節を曲げなくては(力を入れなくては)なりません。

 

そこで、他動的ストレッチがとても役立ちます。

つまり、他人にストレッチのポーズを導いてもらうんです。

 

繰り返しますが、

他動的ストレッチとは、自分は力を抜いて、リラックスした状態で

他人に関節の曲げ伸ばしをしてもらうことです。


強すぎても怪我のもとですし、弱すぎると効果が薄れます。

当院独自のモーション・コントロールは、ここが違う

ストレッチ

他動的ストレッチとは、他人に関節の曲げ伸ばしをしてもらうことで、力を抜きやすく、筋肉に負担をかけずに、伸び縮みができます。

 

しかし、多くのストレッチに弱点があります。

 

それは、昔の納豆を包むわらのように、筋肉は繊維が集まった束でできているのですが、

多くのストレッチは、1つのポーズ、関節を1方向にストレッチする傾向にあるからなのです。

 

一方向ばかりにストレッチすると、筋肉の束の1箇所だけが伸ばされてしまいます。

 

つまり、1つの筋肉の束の中で、伸ばされる繊維と伸ばされない繊維ができてしまうのです。

その筋肉の束のギャップで、傷めてしまったり、怪我のもとになってしまったりします。

 

ホリス治療院では、ストレッチすることが、怪我のもとにならないように、

関節の遊びを十分に考慮して方向を微妙に変えることにより、

筋繊維をまんべんなくストレッチする方法を開発、しようしました。

それが、ホリス治療院オリジナルのモーション・コントロールです。

 

実は・・・

 

このモーション・コントロールは、

プロの運動選手やオリンピック選手のフィジカルセラピーとして開発されたものからヒントを得ています。

 

当院の他動的ストレッチ、モーション・コントロールを繰り返し行うことで、

本当の“しなやかな身体つくり”

が期待できます。

 

さぁ、あなたも「 しなやかな身体 」で、人生を最後まで謳歌しましょう!

ホリス治療院予約受付電話

ご予約・お問合わせはお気軽に

お電話でのご連絡はこちら

028-623-6688

受付時間:(休診日:月曜日)
午前9:00〜11:30/午後3:00〜7:00
※土曜日は午後5:00まで。日曜日・祝日は午前のみ  ※土曜、日曜、祝日も診察しています。

お電話でのご連絡はこちら

028-623-6688

受付時間:(休診日:月曜日)
午前9:00〜11:30
午後3:00〜7:00

土曜日は午後5:00まで
日曜日祝日は午前のみ

★あなたの気付いていない
”ベストな体調” 
を引き出すメールマガジン

★鍼灸治療歴30年の院長が、鍼灸の臨床で裏打ちされた 『確かな情報」をお届けします。

栃木県鍼灸師会元会長の孫として生まれ、幼少期に生薬をかじりながら遊ぶという環境で育った鍼師、きゅう師、あん摩指圧マッサージ師であり、一女の母である副院長が書くエッセーです。

待合室

ホリス治療院

028-623-6688

028-623-6688

info@holis-net.com

受付時間:(休診日:月曜日)
午前9:00〜11:30
午後3:00〜7:00

※土曜日は午後5:00まで
※日曜日・祝日は午前のみ

〒320-0072 栃木県宇都宮市若草3-16-17-105

受付時間と店舗のご案内

プロフィールはこちら